FC2ブログ

Latest Entries

プチ天文オタの戯言@冥王星から考える「太陽系」

と、実は微妙に天文学の知識がある(=プチ天文オタ)所長さんです。

最近にわかに「冥王星」の扱いについて議論があって、今朝の新聞によると
冥王星が「惑星」の座から降格したそうです。
この件についての直感としては、曖昧な線引きが改善されて良かったのもありますが、
それ以前に、惑星か否か、についての議論なんて、正直どうでもいい
のが本音であります。

そもそも「惑星」という概念が誕生したのは、それまで(ほとんど)動かない星=恒星
に対して、見る間に動いていく星があるということで、天空を「惑う星」として
その名が出来たわけで、当時はその天体の物理的な性質なんて考慮されていなかったんですね。
それが観測技術が発達して、恒星以外の天体がたくさんあることが判明し、
その物理的性質も様々であるということが後になってわかったのです。
例えば「セレス」については、既存の惑星に比べると小さすぎる、
という理由で「小惑星」に分類されたのですが、こういう曖昧な線引きは
より観測データがそろってきて、いざ全てを分類しようとすると後々困る要因となるわけで、
その時代のツケが回ってきたわけですね。

冥王星は「水金地火木土天海」に比べると随分性質が異なっていまして、
例えば大きさ。これは月よりも小さい。
軌道。これがまた歪で、太陽との距離が30億kmくらい変わったりする。
軌道が極端に楕円なわけですね。
1979~1999年の間は、冥王星は海王星より太陽に近かったのです!
しかも公転軌道が他の惑星に比べて傾いている(27度くらいだっけ?失念)。
他にも、近いところで冥王星によく似た天体がたくさん見つかったり、
唯一観測機が近くまで行って姿が撮影されていない、など、所謂仲間はずれだったのです。

個人的な見解としては、そもそも「惑星」「衛星」「小惑星」…といった
分類に、それほどの意味があるのか!?ということです。
「衛星」といったって、水星より大きい天体が存在しますし、
じゃあ水星とその天体(木星の衛星とか)に、それほどの違いがあるか、
といったら、特にないのですね。
天体の呼び名、分類は、人間が勝手に線引きしたもので、それに気がつかないと
本質が分からないのではないかと思っています。
そういうわけでその名称の分類は「どうでもいい」、ただ冥王星の議論は
以前から割と盛んだったので、区切りがついて「すっきり」という感じです。


以下天文プチ薀蓄。

水星、金星、地球、火星の前者4つは、「地球型惑星」と分類されていて、
その特徴は「小さい」「固い」「ガスが少ない」ことです。
この中では地球が一番大きくて密度も高いです。
大気が一番あるのは金星です。ほとんどが二酸化炭素なので温室効果がひどいです。
一番太陽に近い水星より熱いです。
金星の1日は金星の1年より長いです。ほとんど自転していません。
しかも自転方向が逆だし…。
水星は大気が限りなく0に近い、ただの岩の塊です。この中では最小。
火星は大気は地球より随分薄いですが、二酸化炭素がちょっとあります。
でもやはり寒いです。赤道付近では20℃~-90度くらいだそうです。
表面が赤いのは酸化鉄の所為です。
地軸が地球と同じくらい傾いているので四季があります。
砂嵐がしょちゅう起こっています。
極冠と呼ばれる北極南極の冬に出来るドライアイスが有名です。
とても小さな衛星が2つあります。多分その辺の小惑星が
火星の重力に拉致されたのでしょう。
ちなみに月は地球に巨大な原始惑星が衝突した際に分裂した天体だという説が有力です。
大衝突説といいます。

火星と木星の間には「小惑星帯」があります。
その名のとおり小さい岩石の塊がうようよいます。
全部集めても地球の質量よりはずっと少ないんですけどね。
その中で最大なのがセレス。直径1000km弱かな。
あとはパラス、ジュノー、ベスタ、くらいが有名かな。
小惑星帯の他にも小惑星の集合体がいくつかあります。トロヤ群とかね。

木星、土星、天王星、海王星の後者4つは「木星型惑星」。
特徴は「でかい」「ガス」です。
最大の木星は地球の直径の11倍ほどです。質量は318倍だったかな?
中心に固体核がありますが、大部分は水素ガスです。メタンとかが少々。
この4つにはいづれも「輪」があります。
輪は小さな岩の集合体です。1~10mくらいだと考えられています。
オーロラも発生します。磁気がかなり強いです。
木星の中心部は30000℃くらいらしいです。地球は6000℃。
木星には「大赤班」があります。300年以上残存する巨大な台風です。
衛星は60以上あって、現在も数が増えています。
大きさベスト4はガリレオ衛星といって、「イオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト」です。
このうちガニメデとカリストは月より大きいです。
イオは木星の重量で引っ張られて硫黄の火山噴火が有名です。
エウロパ(ヨーロッパ)は映画「2010年」に出てきましたね。はい、どうでもいいですね…。
土星は木星のちょっと小さいヴァージョンです。
木星型惑星は基本的に自転が早いので、横方向につぶれた形をしています。
天王星と海王星はほとんど大きさが一緒です。
大きさは地球の直径の3.5倍くらいだったはず。

冥王星はどう見ても仲間はずれです。本当にありがとうございました。
冥王星には、直径が冥王星の半分くらいの衛星があり、カロンといいます。
衛星というよりは兄弟惑星ですね。

そのちょっと外側にはエッジワース・カイパーベルト天体といって、
小惑星、彗星がうじゃうじゃいます。
冥王星もこの一部としてほうが理に適っていますね。
冥王星、カロンのほかに、セドナ、クワーオワー、2003なんとか、など、たくさんあります。
全部集めても大した質量じゃないですけど。
なんかカイパーベルト天体を「矮惑星」と呼ぼうとか言われていますが、
小惑星でいいんじゃない?と思いますw

ちなみに彗星、とは簡単に言うと水やメタンの氷で出来た小さな小惑星です。
太陽に近づくと表面が熱くなってガスが噴出します。綺麗ですね。

もう一つの彗星の巣は、「オールトの雲」にあります。
これはまだ見つかっていません。
というのも距離が1光年くらい離れているからです。
何十億、何千億の彗星が球状に分布していると予想されています。

4,3光年移動すると、お隣の恒星にたどり着けます。
ケンタウルス星という3連星です(*連星:兄弟恒星、お互い近くで回りあっている恒星)。

地球:直径13000km
月:地球の直径の4分の1
木星:地球の直径の11倍
太陽:地球の直径の109倍(140万km)
シリウス:太陽の直径の2倍くらい
ベテルギウス:太陽の直径の700倍くらい(変光星)

月と地球の平均距離:38万km
地球と太陽の平均距離:1億5000万km=1天文単位(AU)という距離の単位
太陽と冥王星の距離:44億~79億km(曖昧)
1光年:9,46兆km
一番近い恒星までの距離:4,3光年
シリウスまでの距離:8,6光年
リゲルまでの距離:1500光年
銀河系の大きさ:10万光年
アンドロメダ銀河までの距離:210万光年
発見された最も遠い天体までの距離:150億光年

太陽の性質:
面倒なのでhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD参照。
まあ普通の恒星です。

というわけで太陽系の基礎知識講座はこれにて終了であります!!

(あれ?ここって何のサイトだっけ?…)
スポンサーサイト



コメント

「金星の1日は金星の1年より長いです」
とゆ~のはどゆこと・・・?

どこぞの所長さんすごく詳しいですね。尊敬しました。

>名無しさん
金星の自転周期は(地球上の)243日分、公転周期は224日分なのです。
つまりこの数字だけ見ると、金星の一日>金星の一年と言えます。

ただ、実際は金星の公転の影響があるので、本当の意味での金星の一日(日が昇って~)は117日だそうです。

>たこやきさん
あまり大きな声では言えませんが、私はリアルでは一応そっち系の人間です(`・ω・´)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matepa.blog24.fc2.com/tb.php/292-8d7fbf1e

天体がためになる

地球型惑星は、質量・体積ともに小さいため、太陽系外の恒星系に存在する惑星として発見することが、木星型惑星に比べてきわめて難しかった。しかし観測技術の発達から、2005年にはアメリカの探査チームが地球から15光年離れた赤色矮星グリーゼ876において、地球質量6~7倍

«  | HOME |  »

所長さんの生態

 

どこぞの所長

Author:どこぞの所長
BWから本格的にポケモン再開
【4942-1284-3403】byプリンさん
対戦相手募集中^^b


こっちが本家
「解析!土塚研究所」
http://www.matepa.net
…更新してないけどね

 

最近の記事

最近のコメント

Basic Calendar

 

<05 | 2021/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

 

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク


無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター