FC2ブログ

Latest Entries

マテリアル・パズル第114話、115話感想@完全版

2話目の感想もUP。

今回全体的にさっぱりしていましたね。
繋ぎなのは分かるけど、ジル対マリーにもうちょいページ割いて欲しかったなあ。
しかし繋ぎで今月ページ減らして、ということは、来月からの
ラストバトルでやってくれる可能性大!ということなので期待です。


■第114話「王子と斬り裂き魔」

うん、ごめんね土塚さん。
さっき閉鎖されるとかなんとかで持ちきりの某掲示板で或るレスポンス見てから、
アダラパタとコルクマリーの関係がアッーであるとしか見えなくなった

アダラパタがコルクマリーに大きな信頼を寄せているのも分かりますね。
マリーは今月号でも見せたように、目的に従順、そのためには殺人をも厭わないとしながらも
理性と判断力を兼ねているため、余計な殺傷をせず、戦いにも深追いしないで距離を置くタイプ。
三十指でここまで冷静なキャラもそうそういなかったような。
性格的にも(不気味なまでの)優しさを保持していて、この薄ら寒さ・殺人鬼とのギャップが
今までにないキャラを作っていると思いました。


ゴッドマシン発動の経緯はよく言われたとおり。
そしてグリンは時を戻した反動でへろへろになりながら、絶望的な強さを誇る相手に
最後の希望をかけてマルチーノの命乞いをするんだけど、
このとき何かグリンはマルチーノに特別な感情が働いたのでしょうか?
”友達を大切にしたい”の一途な想い?それとも恋愛感情に似た想い?
マルチーノ→グリンには特別な想いが働いていますが、グリン→マルチーノは
描かれている限りでは友達以上の想いは見られないような…う~む。

いやしかしマルチーノはグリンのこういう友達思いなところにも惹かれているはずで
結果的にはマルチーノにとってのグリンの存在が大きくなったことは確かでしょうね。
命を懸けてまでグリンに救われたマルチーノが、今後の展開に大きな影響をもたらしそうです。


それとグリンがマリーのことを「リィさん」と呼んでいるのは、
(もちろんコルクマリーという名を知らないからでもあるのでしょうが)
友達だったあの頃の「リィ」を心の中で今でも信じたいという願いが込められているようにも思いました。

グリンの必死の願いを聞いて、マリーも「リィ」として接していた頃の情が残っているのか
グリンたちを見逃します。
この場面は上述の目的のためだけに殺人をする、以外にも人間的な優しさがあるように見えます。
ひょっとしたらそれは優しさではなくて、強大な力からくる「余裕」「優越感」
なのかもしれないけど、今のところそういう表情は読み取れないかなと。


どうでもいいことですけど、p752 1コマめのマルチーノ、なんか小っちゃくねッ!?
「こいつだけ~」と言ってるところからしてもマルチーノの方が子供みたいに見える…。

あと顔に浴びた血はどこ行った?w
マルチーノの血だから時間を遡れば消える仕様なのかな?時間魔法はよく分からないっすね。



そして帰りのついでに五大石ゲッツ。
マリーの任務って、基本的にアダラパタがメモリアで起こす予定を全部背負っていますよねw
マリーちゃん大忙しだなあ。彼一人で十分ジャン。
命七乱月の奪取(不可能だと判明したから使用者抹殺に変更)、
五大石奪取、メモリア偵察、メモリア陥落作戦実行。
あとは自身の強化のための斬り裂き魔活動。

あれ?命七乱月ってコルクマリーが「誰が優勝しても自分が手に入れよう」とか言ってなかったっけ?
あっさり諦めちゃったけど今月。。


さて、にこやかな笑顔のコルクマリーとスーパーへたれモード発動中のサンのやり取りが
面白すぎるわけですがwww
そりゃコルクマリーの実力を見たら腰抜かして当然だけどよー、もっと頑張れよー('∀`)。
天然っぽいマリーちゃん(*´д`)萌え~。


とここで五大石の精霊がサンに呼びかけてくる。
五大石の精霊は味方寄りなのか?
今のサンなら手刀で瞬殺できそうだけど、五大石のパワーとサンの能力を知っているマリーは
深追いせずに警戒して撤退。
唯一TAP陣に残された五大石。
サン、パワーアップフラグ立ちまくりですな。(精神力がなさすぎるけど・゚・(ノД`)・゚・。。

相変わらずコルクマリーの速さが素晴らしい。

って島までジャンプして行ったーーーッ!!www

超人ってレベルじゃねぇぞ!!
あのズボンのグネグネはバネだったのかッ!!


「メモリア滅ぼしたら酒でもおごりますよ」
「ワインがいいな 真っ赤な ね」

さらりと。

なんかもう他の三十指とかどうでもいい感じに2人で事を運ぼうとしてますね。
決して性的な意味ではうわなにをjhくぁywんうほっあひぇいdんhs


空から飛んできたコルクマリーと、それを迎え撃つジル。
コルクマリー格好良いッーー!!

ジルの左腕を跳ね飛ばした時点で、もうマリーちゃん強すぎだろと思いましたが、
ティトォがいたので無事復活。
これアクアが変換してなかったらTAP陣壊滅してたね。


バレットの未だ謎に包まれた魔法はまだ明かされず。
ヨマ戦で魔法お披露目か?
何にせよ御三方の死亡が確定しました_| ̄|○。カミッツ…。
ハイロゥなんか名前すら出てこないよ…。


命七乱月は魔方陣優勝者にしか使用できないと明かされ、素直に諦めるコルクマリーだけど、
これはアダラパタ的には良いのだろうか?
強奪できないのなら、決勝後にころしてでもうばいとる!とか考えてたアダさんが
アホみたいじゃないかw


復活したスーパーサイヤジルVSコルクマリー。
久々にジルさん勝ち星挙げられるか!?というところで締め。
コルクマリーも引くときは引くけど、案外好戦家なのね。

*追記
鴨田おやじさんのブログの感想記事で
「ヨマは『ジルの右腕が使用不能で助かったぜ』と言っているのに対して
コルクマリーは『全力のジルと戦いたかった』と言っていた。」
という旨の記述を発見して、ヨマのへたれチンピラっぷりに改めて爆笑しましたw



■第115話「斬撃と活力の炎」

ティトォ&ジルというありそうでなかった夢のタッグが実現。
これでようやく≒以前の本領発揮だそうですが、WWFのリジェネ機能搭載で
合成魔法拳の連射が早くなったような。
これってかなーり強力じゃないですか。
相手がコルクマリーだからいいものの、並みの三十指(ガシャロ程度)なら
WWFジルの合成拳で瞬殺できそうですw
ティトォの体力勝負なので短期決戦向けですが。

しかし八ツ首卍龍も相殺できる同じく五指コルクマリーの宝天斬。
剣士なのに遠距離攻撃、それも多方向同時攻撃も出来るのはかなり反則級ですな。
でも11本VS8ツ首じゃ3本剣が余るよね?


ちょっとここで違和感が。
ぶらりん「グリン様はどうされた~」
って、もう少し心配しないのだろうか?w
グリンはコルクマリーの件で城に向かって、そのコルクマリーが島に来たなら
最悪死を覚悟してもおかしくない状況に見えるのですが…。
バレットも王子の心配あんまりしてないですね。
グリンの力を信頼している、のかな?


しかしこのコルクマリー、ノリノリである。
ティトォを真っ先に狙わないあたり、なんかアビャクと同じ轍を踏みそうな気もしますが、
華麗に舞って楽しんでいる余裕がどう出るか…?


マリーちゃんはシュダンからパクった剣技・五行斬で至近距離攻撃。
多分この調子だと11人分の技がありそうだけど、全部出てきたらエイキもびっくりな量ですな(^ω^;)。
宝天斬もその一つ?

ジルはティトォの秘策で隙を突く…、て、、

ぎゃーーッ!!
スッパリ斬れたけどくっついたーーッ!!
www

これ反則でしょw
いや魔法の特性を活かしてティトォが活躍できたのはいいんだけど、
どう見ても脳とか首とか逝ってます。本当に斬れた大根もすぐくっつければ繋がる勢いです。

士熊+牛輪で油断したマリーにダメージを与えて、さらにとどめの彗龍一本髪。
「はは♪流石だねジール・ボーイ~」から

「しまった!!」
「まずい…通じない!!~」
「ごめんアダラパタ 助けて」
と態度急変の天然マリーちゃん(*´д`)萌え~。

防御力は士熊クラスでダメージを受けるあたり、プリセラには及ばないようだ。
でもといってもひるんだだけで済んだのが五本の指の底力ですな。
破壊力を一点に集中させた彗龍一本髪の前には、八ツ首卍龍を相殺できる
四閃三獄も脆く打ち砕かれる点ではジルよりも防御面ではやや劣る感じ。
コルクマリーのスペック的には、真っ向から打ち消すよりも、避けたり逸らすのが
似つかわしい戦闘スタイルかな。
最後の彗龍一本髪も恐らくなんらかの小細工でダメージ軽減したんでしょう。

「この国に用はない」発言は、多分もう決まっている12人目が他所にいるってこと
なのでしょうが、ここで引いちゃったら2章のバトルはどうなるんだろ?
出来るなら2章でコルクマリーとも完全に決着をつけて欲しいのですが、
その場合12本目は未完成?
12本目をメルチナで妥協とかだったらそれはそれで(*'з(`○)。


ジルが追撃を浴びせようというときに遂にヨマが来たー!!
ジルの大根斬り~ヨマ登場までの場面が物凄くテンポがよくて
動きもダイナミックで惚れました。
ヨマ格好いいよヨマ。

逝かれちゃってるけどね・゚・(ノД`)・゚・。。
常人でも暗闇にず~っと閉じ込められればあんな風になっちゃうだろうけど
ヨマにはきつすぎるw
ってか顔に変なビキビキが入ってる所為で見た目がシャルロックそっくりだぞw


一方の城の面々。
サンが腰抜かしすぎてもはや廃人なのは置いといて、リュシカ一行が
まだ来てないのかな?
リュシカやメモリア三十指、イド、尻尾、それに島にいるリゼルやシャル、
さらにはチョーとかもいるわけだし、グリンもまだ何か活躍のありそうな雰囲気。
えっ?クライム?何それ美味しいの??

月も昇って案の定ヨマは力が出せず。
ジルに叩きのめされて蝿のようになってるw
それでもヒヒヒヒ笑ってるだけのヨマは本当に哀れなやつだ。


…と、一件落着かと思われたが、ヨマのアデルバの本当の名前が明かされるらしく
いよいよ次号から最終決戦ムード全開になりましたよ。
コルクマリーの動向が気になりますが、覚醒ヨマVS命七乱月ミカゼ・MPティトォ、
その他ジルや前述の散り散りになった味方も大集合での一大ラストバトルが
近いようで、これはもうテンションがドルチルですよ!!
今月はページ減らして調整してたので次号に期待大!!
次号予告も
「魔法の真の名をヨマが知る時、それは…メモリア王国、最期の瞬間…!?」
ウホッこれはすごそうだ。


巻末コメンツ
「今年はさすがに休みをつくりたいです。さすがに。」

(。;´□`)が、頑張れ…!!
スポンサーサイト



コメント

こんにちは
グリンの心配 僕も気になりました グリンはTAP側ではプリセラ,ジールボーイに継ぐ強さ(アクアト同じくらい)ではないでしょうか コルクマリーさん本人も言ってますが波の三十指には負けないでしょ それでかな~とは思うんですけど マリーさんの実力見てからあの発言は少し変な気も・・・
大根切り 10番目は切ったときもすぐに血が出たりバラバラにならなかったから抵抗しないでうければ斬られてもづれたり出血しないから(おそらくづれたり,出血するとだめ)超回復で直せるのではないでしょうか 斬られたからって短時間(1秒くらい)ならかろうじて生きてるでしょう 冷静に見れば9人目と10人目ですでに伏線張られてたんだな
援軍 よかったなぁ 間に合わなくって 間違いなく解体されてただろうな でも他の国も結構親切ですね この調子なら3章では一緒に攻め込んだりしてくれそうですね
では

あ、そうか!分きゃったぞ!!
命七乱月の儀式にグリンが必要になるから、さすがに相手はグリンを殺しはしないだろうという
暗黙の認識があったからか!!
バレット一人で今のところ儀式進行中だけど、いざというときの保険にグリンは生かしておくはずだ、と。

グリンは魔力の高さからくるスピードと攻撃力は高いですけど、戦闘力が高いか、といえば
微妙なラインですね。魔法に頼りすぎている?感じが。

ジル切断事件(何)で気になったのは、WWFでも斬れたジルの服は直せないだろwということですねw
ズボンとかかなーり格好悪い状態になっちゃうと思うのですがw

城の戦闘員たちが今後どういう活躍をしてくれるかが見ものですね。
島ではヨマとTAPジルミカゼが頑張ってくれるとして、撤退したコルクマリーと城の軍団が
リベンジマッチ?
ところでイドがマーボードウフみたいな物体を引っさげているように見えたのですが、
直したんですかね?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

所長さんの生態

 

どこぞの所長

Author:どこぞの所長
BWから本格的にポケモン再開
【4942-1284-3403】byプリンさん
対戦相手募集中^^b


こっちが本家
「解析!土塚研究所」
http://www.matepa.net
…更新してないけどね

 

最近の記事

最近のコメント

Basic Calendar

 

<05 | 2021/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

 

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク


無料カウンター 現在の閲覧者数:
無料カウンター